妊娠に関わるホルモン

妊娠に関わるホルモンって?

妊娠するためには、各器官が正しく機能されていることが大切です。その「正しく機能するため」の最も重要な分泌物が「ホルモン」です。

どのような種類のホルモンが妊娠に関わっているのか見ていきましょう。

ホルモンのしくみ

月経の時期に、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌され、下垂体に、卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌するように働きかけます。

指令を受けた脳下垂体はFSHを分泌し、卵巣に、卵胞を成熟させるように促します。FSHに刺激された卵胞は成熟するに伴って、卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌します。

エストロゲンによって、子宮内膜が厚くなり、頸管粘液が分泌されるようになります。

卵胞が大きくなり、エストロゲンの分泌が十分な量になると、それを察知した視床下部は、脳下垂体に黄体化ホルモン(LH)を大量に分泌させ(LHサージ)、卵巣に排卵するように促します。LHサージを受けて、排卵が起こります。

排卵後の卵胞は黄体に変化し、そこから黄体ホルモン(プロゲステロン)とエストロゲンが分泌されます。これらのホルモンの働きで、子宮内膜はより厚さを増し、受精卵が着床しやすい環境を整えます。

 このページを見た人はこんなページも見ています

妊娠までにかかる時間

積極的に子づくりを続けたところ、1年で9割以上のカップルが妊娠しています。

妊娠に影響するもの

妊娠を成立させるには、年齢から生活環境によって影響していることがたくさんあります。

不妊の原因

不妊症になるということは、カラダの各器官で問題が起こっている可能性があります。