妊娠に影響するもの

妊娠に影響するものは?

妊娠を成立させるには、各器官が正しく機能されていることも大切ですが、それだけではありません。年齢から生活環境によって影響していることがたくさんあります。

年齢

妊娠に最も影響は大きいのが、女性の年齢です。 女性の年齢と妊娠には、密接な関係があり、女性が年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠しにくくなります。そして、それには、卵子のなりたちが関係しています。

男性は、毎日新しい精子をつくり続けていますが、女性は生まれたときには卵巣内にすべての卵子の元がすでに存在し、新たにつくられることはありません。そのため、加齢とともに、卵子は少なくなり、その質も低下してしまいます。

年齢を気にする女性

年齢とともに卵巣内の卵子は少なくなっていくのですが、その減り方は以下のグラフの通りです。

加齢に伴う卵胞数の減少

女性が生まれる前には、既に、その卵巣には約200万個の卵子が備わっています。ところが、その後は減る一方で、月経のはじまる思春期頃までには、約180万個が自然消滅し、約20万個にまで減ってしまいます。

そして、月経がはじまってからは、一回の周期に約1,000個、1日に換算すると30~40個も減り続けると言われています。

さらに、30代半ば以降はそれに拍車がかかり、37歳で約2万5千個、そして、閉経をもってゼロになってしまうのです。

一方、残っている卵子は、本人と一緒に年をとっていきますから、カラダのさまざまな臓器と同じように「老化」します。そのため、数が減ってしまうだけでなく、質も低下してしまうのです。

妊娠している女性

このようなメカニズムによって、年齢が高くなるほど、排卵はしていても質のよい卵子が排卵される頻度が少なくなっていきます。これが、年齢とともに妊娠率が低くなる、最も大きな理由です。

セックス

妊娠するには当然ながら仲よくする(セックス)のが基本です。

セックスの回数と妊娠の確率を調べたアメリカの研究ではそれによると、毎日セックスした場合では1周期あたりの妊娠率は37%、1日おきでは33%でした。これが週に1回になると、15%に落ちています。

このように、セックスの回数が多ければ多いほど、妊娠の確率が高くなることがわかります。ただし、妊娠を目的にしたセックスが、かえってカップルにとってストレスになってしまっては本末転倒です。まずは、週に2回程度を目安にするのがいいかもしれません。

禁欲期間が短いほど精子の質は高くなります。

一昔前までは、男性は数日の禁欲期間をもうけることをすすめられていました。しかし、現在では、男性の禁欲期間は短いほど精子の質が高まり、妊娠の確率も高くなるとわかっています。逆に5日以上の禁欲期間では、精子数が減ってしまうことも明らかになりました。

約1万人の男性を対象にした調査では、毎日射精しても精子の数や運動率は変化しないことがわかりました。

子供を抱いている男性

さらに驚くべきことに、精子の数が少ない乏精子症の男性でも、毎日射精することで、精子の数や運動率が良好になることは判明したのです。

また、人工授精の妊娠率も、禁欲期間が2日以下(11.27%)の場合が、3日から5日(6.07%)や5日以上(7.25%)の場合に比べて高かったとの研究報告もあります。

ライフスタイル

日常の習慣や嗜好が妊娠を遠ざけている可能性があります。複合するほどに悪影響を与えるため注意が必要です。

肥満・やせ過ぎは不妊の原因に

「太り過ぎ」や「やせ過ぎ」は、ホルモン分泌のバランスが悪くなり、妊娠のためにはよくありません。男性ホルモンや女性ホルモンは、油に溶けるという性質を持っているため、体脂肪に蓄積されます。すると、生殖の働きを維持するために必要なホルモンが、さらに分泌されます。

体脂肪にはやっかいな働きがあって、取り込んだ弱い男性ホルモンを弱い女性ホルモンに変換します。弱い女性ホルモンといっても、もともと肥満の女性は体脂肪が多いために女性ホルモンが過剰になり、ホルモンバランスが崩れてしまうと考えられています。

ウォーキングしている家族

対策はダイエットに尽きます。心当たりがある人は、本格的な不妊治療を始める前に、適正な体重にすることに取り組むべきでしょう。そのほうが治療効果が高くなるといえます。

また、男性も肥満には注意が必要です。肥満は高血圧や高脂血症、糖尿病などのリスクを高め、精子の状態を悪くするのがわかっています。

やせ過ぎの女性は、月経不順や無排卵の危険があります。極度のやせや無理なダイエットをすると、脳の司令塔が生命維持のために働き、生殖にかかわるホルモンの指令が後回しになってしまいます。それが無排卵や月経不順を招くことにつながります。

また、妊娠したら胎児に十分な栄養が行き渡らないおそれもあります。低栄養で生まれた子どもが生活習慣病になりやすいことは、最近話題になっています。

喫煙は妊娠しづらくさせ、流産の確率を高める

タバコを吸う人は、吸わない人に比べて不妊症になるリスクが高くなります。また、妊娠するまでに長い期間がかかり、流産や子宮外妊娠のリスクも高くなります。

妊娠した後の喫煙は、低出生体重児や早産を招きやすいことがわかっています。本人が喫煙していなくても、タバコを吸う家族がいる家庭では、乳幼児突然死症候群の発生率が高まるとされています。

タバコを吸う女性

一方、受動喫煙も妊娠する力を低下させ、体外受精の治療成績を低下させるとの報告があります。

アルコールは適量を楽しみ、大量の飲酒は避ける

アルコールについては、女性の妊娠する力への影響は、はっきりしていません。適量のワインは妊娠しやすくなるとの報告もありますが、だからといって無理に飲む必要もありません。

飲酒は妊娠しやすさにそれほどの影響を及ぼさないとの研究報告もあれば、及ぼすとの報告もあります。たとえば、アメリカで飲酒と治療成績との関係を調べたところ、週に4単位以上のアルコールを摂取する女性は、4単位未満の女性に比べて、出産に至る確率が16%低く、男女とも週に4単位以上のアルコールを摂取するカップルは、どちらも4単位未満しか飲まないカップルに比べて、出産に至る確率は21%低く、受精率が48%低かったことから、アルコール摂取は体外受精の治療成績にマイナスの影響を及ぼすとしています。

ビールを飲む女性

アルコール1単位は、ビールで中瓶1本、日本酒で1合、ワインで3分の1本、ウィスキーの水割りでシングルであれば1杯、ダブルだと1杯、焼酎お湯割りで0.6合が目安です。

いずれにしても、男女ともに大量の飲酒は避けるべきです。目安としては、飲酒は週に1、2回程度、アルコール1単位です。

カフェイン入り飲料を飲み過ぎない

カフェインの過剰な摂取は、妊娠する力を低下させ、流産しやすくさせると言われています。

たとえば、1日に5杯以上のコーヒー、もしくは、カフェイン500mg以上を飲むと不妊症リスクを45%高め、妊娠中に1日に200〜300mgのカフェインを摂ると流産しやすくなるとの報告があります。

カフェイン入りの飲料は、1日にせいぜい1~2杯程度にとどめるのが無難です。

 このページを見た人はこんなページも見ています

不妊の原因

不妊症になるということは、カラダの各器官で問題が起こっている可能性があります。

不妊治療について

治療を開始することになったら、どんな治療方法がベストなのか考えましょう。

妊娠までにかかる時間

積極的に子づくりを続けたところ、1年で9割以上のカップルが妊娠しています。