高齢不妊

高齢不妊とは?

日本産科婦人科学会では、「高年初産婦」は35歳以上の初産婦と定義していますので、高齢妊娠についてもおよそ35歳以上と考えてよいでしょう。

リスク

最大の危険性は、妊娠しにくくなることです。 同じ体外受精を行っても、35歳以下であれば35%程度あった妊娠率(胎嚢が見えた周期数を胚移植した周期数で割ったものです)が35~39歳になると25%程度に低下し、40歳を過ぎると15%以下にまでなります。

もう一つの大きな問題は、流産しやすくなることです。30~34歳の方の自然流産率が10.0%であるのに対して、40歳以上になると41.3%、10人のうち4人までが流産することが分かります。

妊婦

また、子どもさんにトリソミー型染色体異常と呼ばれる染色体異常が増えることも問題とされています。先に述べたように、40歳の方がダウン症をもったお子さんを産む可能性は1%です。

さらに、年齢が高くなると、高血圧や糖尿病、子宮筋腫などが増えてきます。また、腟や会陰の組織がかたくなったり、体力がおちてきたりして、分娩時間が長くなったり、難産になりやすいといわれています。 しかし、これも実際のところ大きな問題ではありません。

ほとんどの場合は「案ずるより産むが易し」です。40歳以上の初産の方でも普通に分娩される方がたくさんいます。

35歳から36歳

35歳で1年間で自然妊娠する確率は、約66%と言われており、6割の方が自然な形で妊娠できています。

また、1年間頑張っても自然妊娠できなくても、4年以内に妊娠する確率は、84%であるという調査結果がでており、35歳~36歳でも、十分自然妊娠できます。

次に気になるのが、健康なマタニティライフ送れるかということだと思いますが、年齢を重ねるにしたがって、流産の確率も高くなってきます。

35~36歳の流産の確率は、20%前後だと言われています。高齢出産の場合は、若年層の妊娠に比べ、流産する確率が高くなりますが、流産は、若い年齢においても多く起こり得ることです。

37歳から38歳

年間努力して、37~38歳で自然妊娠する確率は、65%程度と言われており、約6人に1人が自然な形で妊娠することができています。

また、さらに長い目で見ると、妊娠を望んでから4年以内で自然妊娠した方は、80%を超えており、若年層の方に比べ、時間はかかるものの、かなりの確率で自然妊娠できることが分かっています。

入院する女性

そしてもうひとつ、高齢出産の方が気になるのが、流産の可能性です。年齢関係なく、妊娠をした方のほとんどが、常に流産の心配をしていると思います。

特に初めての妊娠の場合、「流産するんじゃないだろうか」「元気に育ってくれるだろうか」という不安といつも隣り合わせです。

確かに、年を重ねるごとに、流産の確率は高まると言われています。10代、20代の流産の確率が10%なのに対し、37~38歳での流産率は、20%前後と言われ、約2倍になっています。しかし、その逆を言えば、約8割の方が、無事に出産できているということです。

39歳から40歳

39~40歳の自然妊娠の確率は、1年間で表すと約50%になります。40歳でも、1年以内には、10人に5人の方が自然妊娠が可能というわけです。

この数値を高いとみるか、低いと見るかは、人によって解釈の違いがあると思いますが、私個人の意見としては、40歳でも十分に自然妊娠ができる可能性が高いと思います。

そしてもうひとつ気がかりなのが、流産の確率だと思います。流産率は、年を取るにつれ高くなっていき、39~40歳での流産率は、30%になります。3人に1人が流産を経験する計算になります。

40歳

40代では、自然妊娠の確率が若年層に比べて低くなっており、44歳までで20%前後、45歳を超えると5%程度になります。

40歳を過ぎると、一気に自然妊娠する確率が低くなるため、体外受精や不妊治療を行う方が多くなるようです。

しかし、それでも自然妊娠する可能性は残っていますので、絶対無理ではありません。45歳でも自然妊娠を経て、元気な赤ちゃんを生んでいる方が大勢いますので、諦めないでください。

カルテ

次に流産する確率ですが、40歳を超えるとその確率は高まり、約55%になります。ほぼ半数が、自然流産してしまうという結果が出ており、これをみると不安になると思います。

確かに、確率だけ見ると、20代での流産率10%に比べ、5倍もの高確率になっていますが、10代や20代でも流産する方はいますし、45歳でも無事に出産を迎えている方も大勢います。

今は、不妊治療に関する医学の進歩は目覚しいものがありますから、30歳代になってもなかなか子どもができないからといって、焦る必要はありません。子どもが欲しい、妊娠したいというなら、方法はあります。ですから、諦めないことです。

諦めたらそこで全ては終わりです。40歳代になって不妊治療のおかげで妊娠した人もそうですし、40歳代になって病院などでの不妊治療は諦めたけれど、別の方法で妊娠する方法を試して自然妊娠したという女性はたくさんいます。

まずは諦めないことが大切です。ですが、もしなかなか子どもができない!という自覚症状があれば、民間療法でも不妊専門病院でも早めに妊娠するための治療や解決策を行うことが重要になってきます。

 このページを見た人はこんなページも見ています

漢方薬

東洋医学の観点からも不妊症を克服できます。西洋医学が合わない方も必見です。

睡眠

睡眠不足になるとカラダは一切修復されません。軽く見ては危険です。

運動

カラダの筋肉をしっかり使って血流を増やしましょう。運動不足は不妊のもとです。