性生活

妊娠可能な時期は6日間、排卵2日前が最も妊娠しやすい

性生活について正しい知識を身につけましょう。

精子の話

腟内に射精された、数1,000万、数億個という精子は、子宮頸管から子宮へ移動、そこから左右の卵管内に入り、卵管膨大部へと向かいます。

これは一気に進むのではなく、いったん子宮頸管の粘液内で待機し、そこから順繰りに卵管に向かうと考えられています。また、最終的に卵管膨大部まで到達できる精子は、たったの数100個といわれます。

看護師

そして、卵子と受精できる精子は、もちろん1個だけです。

精子の道のりは、実に過酷なサバイバルレースなのです。精子が女性の体内で生きていられる時間は5日間ほどで、この間に卵子に出会わなければ、受精は起こりません。

卵子の話

腟内に射精された、数1,000万、数億個という精子は、子宮頸管から子宮へ移動、そこから左右の卵管内に入り、卵管膨大部へと向かいます。

これらを計算すると、排卵の5日ほど前から排卵日頃の間にセックスすると、卵子と精子が出会えることになります。つまり、妊娠の可能性のある日は、1周期に6日間ということです。

妊婦

しかし、卵子が生きている時間は精子より短いので、実際には「排卵したときには、すでに精子が卵管膨大部で待機していた」という出会い方が多いはずです。

そのため、妊娠の可能性のある6日間でも、セックスをする日によって妊娠率に差が出ます。

これまでの研究で、排卵日よりも前にセックスしたほうが、妊娠の可能性が高いことがわかっています。最も妊娠する可能性が高いのは「排卵の2日前」、その次が「排卵の前日」、そして「排卵日」の順です。

「排卵日が最も妊娠しやすい日」だというのは実は誤解で、排卵日はすでに妊娠率が低下しているのです。

排卵のタイミングを予測する

頸管粘液の量と状態で排卵日を予測

子宮頸管とは、腟と子宮をつなぐ部分のことで、頸管粘液はそこから分泌される物質です。頸管粘液は、ホルモンによって分泌量が変化するので、その変化から排卵を予測します。

月経後しばらくは頸管は乾いた状態ですが、数日後には湿り気が出てきて、少し粘液が分泌されます。そして、排卵が近づくにつれ、精子を受け入れやすくするために分泌量が増加します。

排卵が近づくと、透明で卵白のように弾力性がある頸管粘液が分泌されます。

これを親指と人指し指ではさみとり、指をゆっくりと離してみます。10cmくらい伸ばしても途切れなくなったら、排卵日が近いという目安です。

頸管粘液の変化には個人差があるので、誰にでもあてはまるわけではありませんが、一つの目安として活用してみましょう。

排卵日検査薬を使って排卵日を予測

排卵日検査薬は、排卵直前になると大量に分泌される黄体ホルモンの変化(LHサージ)を尿中の濃度で測って、排卵日を予測するものです。

検査薬が陽性になった日の翌日あたりが排卵日なので、陽性になった日にセックスするのがよいとされています。そして、その次の日も続けてセックスするほうが妊娠の確率は高くなるといえます。

ただし、排卵検査薬の精度はそれほど高いというわけではありません。陽性の出方が明確でない、排卵時期でないにもかかわらず陽性になるといったこともあり、注意が必要です。

詳しくは、商品の説明書で確認しましょう。排卵日検査薬は薬局で購入できます。

誰にも聞けないセックスのあれこれ

セックスの体位、セックス後の姿勢

腟内に射精された精子は、2分以内に頸管粘液に移動し、そこからは5分もあれば卵管に到達するといわれています。そのため、どんな体位でセックスするかは、妊娠の確率には全く関係しません。

また、セックスの後に腰を高くしてしばらく安静にしても、妊娠しやすさには影響しません。

セックスの後、女性の腟から精液があふれ出すと「精子が子宮や卵管に行かないのでは?」と心配する人がいますが、射精からしばらくすると、すでに精子は子宮に向かって移動していると考えられるので、これも気にすることはありません。

女性のオーガズム

女性がオーガズムに達すると、オキシトシンというホルモンが分泌され、子宮が収縮して、多くの精子を取り込むという説があります。

しかし、そのことによって、より確実に妊娠できるのかは明らかではありません。確かにいえるのは、「必ずしも女性がオーガズムに達しなくても妊娠できる」ということです。

男性の禁欲期間

男性の禁欲期間についても、間違って理解されていることがよくあります。射精を数日我慢(禁欲)したからといって、妊娠しやすくなるわけではありません。

逆に、射精された精子の中に古い精子の割合が増えて、かえって妊娠しにくくなります。男性は、毎日射精したほうが新鮮な精子が多くなり、精液の質がよくなるのです。

 このページを見た人はこんなページも見ています

漢方薬

東洋医学の観点からも不妊症を克服できます。西洋医学が合わない方も必見です。

運動

カラダの筋肉をしっかり使って血流を増やしましょう。運動不足は不妊のもとです。

ストレスについて

ストレスと不妊は切っても切れない関係です。上手に付き合うコツを掴みましょう。