睡眠

妊娠力を高める睡眠

睡眠は妊娠力を高めるのにとても重要な役割を果たしています。ここでは良い睡眠をとるためにはどうすればいいかを解説しています。

体内時計リズムを整える

睡眠中に、卵巣や精巣の細胞の成長や修復も行われます。起床・就寝・食事など出来るだけ規則正しいタイムスケジュールを 実践させましょう。(遅い時間に重い夕食を取るのも控えましょう。)22時~2時がゴールデンタイムです。この時間に睡眠をとることを目標にしましょう。

日中と睡眠時間とのメリハリをつけるために日中はある程度活動的に、規則正しい運動などで適度に体を動かすことも大切です。午前中に太陽の日差しを浴びることによって、体内時計のスイッチが入るので、まずはそこからはじめましょう。

朝日を浴びる女性

休日もこの習慣を乱すのは控えましょう。早起きが早寝に通じるということを覚えておきましょう。

就寝前のパターンを作る

寝床に入る前に必ず、「歯磨き・トイレ・目覚ましセッ ト」など流れのある行動パターンを身に付けることによって、就寝の「クセ」が確立されるようになります。

この条件付けにより、体が睡眠準備をはじめるようになり、スムーズな入眠を得やすくなります。

眠る前にリラックスタイムを設ける

心身の緊張を解くためのリラックスタイムを作って、副交感神経を 優位にさせましょう。

そのためには、神経が興奮することは避け、お風呂はぬるめに、アルコールは少量に抑え、飲み物はカフェインを含まないハーブティーなどにしましょう。寝る前のスマホも最小限にとどめましょう。

軽い読書や、落ち着いた音楽などを流すのも効果的です。

悩みを寝床に持ち込まない

心配事があるとなかなか眠りに付けないものです。寝床には悩みを持 ち込まないよう心がけ、リラックスして寝床に着くようにしましょう。

どうしても寝付けないときは眠ろうという意気込みがかえって 妨げになるので、無理に寝ようとせず、本を読むなどの違うことをするほうが良いでしょう。

寝室環境を整える

寝室は暗く、静かにし、快適な室温と湿度を保てるようにしまし ょう。これによって睡眠の質はかなり変わってくるはずです。

一般的には室温18~22℃、湿度は50~70%くらいが目安とされていますが、季節によって使う寝具を変え、寝床気候(ふとんの中 の温度・湿度)を調整することがより大切です。

理想とされる寝床気候は、温度が33℃プラスマイナス1℃、湿度が50%プラスマイナス5%とされています。この環境を作りだせる寝具を整える必要もあるでしょう。基本は、「眠くなってからベッドに入る」といいでしょう。

 このページを見た人はこんなページも見ています

運動

カラダの筋肉をしっかり使って血流を増やしましょう。運動不足は不妊のもとです。

性生活

性生活について、夫婦でしっかり話し合い絆を深めることが大切です。

サプリメント

食事だけでは足りない部分を補いましょう。不妊の方に必要な成分を知りましょう。