不妊治療病院の選び方

病院選び方

病院の選び方を伝授します

病院を見極めるポイントを伝授します。
遠方で通院が大変でも、最短で結果を出すことが最終的に経済的・身体的負担を減らすことになります。
近いからという安易な理由で病院選びを失敗しないようにしましょう。

ポイントは3つです。

【専門性】産婦人科専門医だけではなく、上級専門資格(サブスペシャリティ)を持っているか?
【総合力】不妊治療だけではなく、一般診療も行っているか?
【コストパフォーマンス】治療費が適正か?

この3つの視点から病院を選ぶのが大切です。

 

①【専門性】上級専門資格を取得しているか

産婦人科専門医は基本資格です。
不妊治療に携わる産婦人科医はみな産婦人科専門医を取得しているのですが、実はそのうえに上級資格(サブスペシャリティ)があります

医学博士・生殖医療専門医・臨床遺伝専門医・超音波専門医・女性医学学会認定医などの資格がこれにあたり、厳しい試験に合格する必要があります。
これらの資格は産婦人科専門医の中でも特に信頼の置ける医師であることを証明します。

 

②【総合力】総合的な診療が行えるか

体外受精しか行っていない施設もありますが、そのような施設は経験が乏しい傾向にあります。
体外受精だけでなく、タイミング法や人工授精も診てくれる病院の方が視野が広く、最適な不妊治療を提案してくれます。
さらに、更年期や思春期など一見すると不妊治療と関係のない一般婦人科も診ている施設の方が知識が豊富で、体外受精も総合的な視点でアプローチしてくれます。

 

③【コストパフォーマンス】治療費が適正か

体外受精は自由診療であり独自で治療費を設定できるため、施設により治療費が2~3倍も異なります。
体外受精で子ども一人を授かるまでにかかる費用は全国平均で200万円です。
体外受精しか行っていない病院は、そこで利益を上げるしかないため費用が高額です。
一般婦人科診療も行っている施設の方が、知識の面でも費用の面でも優れています。
いまだに、体外受精しか行っていない施設の方が専門的な治療を行っていると思い込んでいる方もいますが、実際は反対であり、体外受精にも一般婦人科の知識に基づいた総合的アプローチが必要です。
「体外受精専門」という病院には注意が必要です。

 

石川・富山・福井のおすすめ病院

専門性 総合力 治療費
Best1 あいARTクリニック ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
Best2 福井大学医学部附属病院 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
Best3 金沢大学医学部附属病院 ★★★★★ ★★★★★ 体外受精は未実施
西ウイミンズクリニック ★★★ ★★★ ★★
鈴木レディスホスピタル ★★ ★★★★★ ★★★
女性クリニックWe!Toyama ★★★ ★★★ ★★
金沢たまごクリニック ★★★
小嶋ウィメンズクリニック ★★
永遠幸レディスクリニック ★★

 

あいARTクリニック

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。